床下の湿気が原因!白蟻対策をするなら湿気を取り払おう 困っている男性

白蟻が好む環境・床下の湿気が起こる原因

床下の湿気が多くなる家はこんな家

家の床下に湿気が多いと、白蟻が発生する可能性が高くなります。床下部分は普段自分で確認しにくい場所なので、実際湿気があるのかどうかも疑問です。ここでは、床下に湿気が発生しやすい5つの原因を説明していきます。

5つの原因

敷地が低い
床下の湿気が発生しやすい家は、他の住宅と比べて低い位置にある場合があります。土地が低い場所にあることで、どうしても水は低い位置に溜まってしまいます。これが床下の湿気の原因につながるのです。これは家の立地問題なので、ある程度は仕方ありませんが、対策グッズなどがネットで販売しているものもあるので検討してみましょう。
床下の空間が狭い
床下の空間が少ないと、湿気がこもりやすくなってしまいます。これも根本的に直すことは非常に難しいので対策を考えなくてはいけません。最近では、置くタイプの床下湿気取りもあるので利用してみましょう。古い家はどうしても床下の空間が足りないことが多いのですが、新しい家で湿気が溜まってしまう場合は、他の原因が考えられるでしょう。
隣の家との距離が近い
住宅が密集している地域や、都市部などでは隣の家との距離が近いため風通しが悪くなってしまいます。隣家との境目の敷地にブロックなどで囲っている家も見られますが、これではますます床下の湿気が溜まりやすくなる原因になってしまいます。
水漏れや雨漏り
床下の配管から水漏れしていたり、雨漏りが発生したりしている場合は湿気が溜まる原因となります。それだけでなく、土台や基礎が傷み腐朽が進んでしまいます。こういった場合、家自体に負担もかかってしまいますし、水道代が高くなってしまうことも考えられます。
自然災害による雨水
台風や洪水などの自然災害から被害を受けると、床下の湿気は一気に多くなります。大雨でなくても、雨の日が続いていると湿気も溜まりやすくなるでしょう。これは仕方がないことですが、対策グッズなどで湿気を減らすことができれば解決に繋がります。
TOPボタン